バトルボックス(The Battle Box)

シンガポール

シンガポールの戦跡
大東亜戦争におけるシンガポールの歴史
現地への行き方と現地交通情報(旅行情報)

「バトルボックス(The Battle Box)」

「バトルボックス(The Battle Box)」の概略および歩き方
展示内容詳細

「バトルボックス(The Battle Box)」の展示内容

「司令部」

司令部 司令部 フォート・カニングが軍事施設として使われ始めたのは1859年のことである。昭和17年(1942年)2月、マレー半島に上陸した日本軍からシンガポール島を防衛するため、パーシバル英軍司令官はこの要塞の地下に築かれたバトル・ボックスに司令部を移した。内部は当時の無線設備などが復元されている。(←)

司令官室では2月15日朝のパーシバル司令官と幕僚が降伏を決めたときの様子が、蝋人形ロボットで再現されている。連合軍兵士約8万名もの戦力を持ちながら降伏に追い込まれたパーシバル司令官の苦悩がよく表現されている。(→)

司令部 司令部 英軍降伏後、バトル・ボックスは日本軍に接収されて軍施設として使われた。壁に日本軍兵士が書いた落書きが今も残っている。「防空隊」「憲兵隊本部 分隊」の文字が読み取れる。(←)

こちらは「山下将軍」「パーシバル」と読み取れる。(→)

「装備品」

装備品 装備品 英軍の軍服やヘルメットである。この司令部所属の元兵士が寄贈したもののようである。(←)

日本兵士が持っていた旗のようであるが、ところどころ英語で文字が書き込まれている。(→)

戦跡の歩き方TOP」へ戻る>> 「大東亜戦争遺跡」へ戻る>> 「シンガポール」へ戻る>> 「シンガポール」へ戻る>> 「バトルボックス(The Battle Box)」へ戻る
                  >>「大東亜戦争遺跡(博物館・資料館)」へ戻る

Copyright(C)悠久の沙羅双樹
inserted by FC2 system