読谷村立歴史民俗資料館

沖縄県

沖縄県の戦跡
大東亜戦争における沖縄県の歴史
現地への行き方と現地交通情報(旅行情報)

「読谷村立歴史民俗資料館」

「読谷村立歴史民俗資料館」の概略および歩き方
展示内容詳細

「読谷村立歴史民俗資料館」の展示内容

「館内展示」

館内展示 館内展示 米軍占領時の沖縄北飛行場の写真である。破壊された日本軍機が散乱している様子が分かる。(←)

火炎砲に焼かれたビンである。洞窟や地下壕に立てこもって投降しない日本軍民に対し、米軍は火炎放射器等による攻撃を加えた。高熱で溶けて完全に形が変わってしまったビンを見ると、その激しさが分かる。(→)

館内展示 館内展示 日本軍兵士の装備品である。軍服のほか、鞄、帽子、水筒などが展示されている。(←)

日本軍操縦士の手袋とゴーグル(鷹メガネ)である。(→)

沖縄戦の時期には既に熟練操縦士の大半が失われており、特攻をもってしても敵艦に命中させるのは困難な状況となっていた。

戦跡の歩き方TOP」へ戻る>> 「大東亜戦争遺跡」へ戻る>> 「日本」へ戻る>> 「沖縄県」へ戻る>> 「読谷村立歴史民俗資料館」へ戻る
                  >>「大東亜戦争遺跡(博物館・資料館)」へ戻る

Copyright(C)悠久の沙羅双樹
inserted by FC2 system